政治に魂を吹き込むものは何でしょうか。それは「信頼」にほかなりません。では今日の政治が国民から信頼を得ているか、政治への信頼が損なわれた結果、国内に無用の対立が生まれていないか、そのことが今回の総裁選挙で問われています。まず何よりも先に「政治への信頼を取り戻す」そして、国民が「よし! この政府なら力を貸そう!」と思っていただける信頼の政治を私はつくります。

政治家の使命は、勇気と真心をもって真実を語り、国民の幸せのために奉仕することです。どんな時も謙虚に、丁寧に、国民の納得と共感を得て困難を克服する勇気と覚悟が求められています。

人口急減、少子化、超高齢化、人手不足、貧困拡大、地方の疲弊、東京への一極集中、激変する安全保障環境。未来はもはや過去の延長線上にはありません。私たちは、過去の遺産にすがることなく、次代に負担を先送りせず、果敢に新しい国造りに挑まなくてはなりません。

早急に我が国を支える長期ビジョンを作り上げ、次世代30年の社会経済の発展の礎を創る必要があります。もちろんこれらの問題解決には多くの困難が伴います。しかし、政治が国民に正面から向き合い、己を捨てて誠心誠意語ったとき、国民は必ずそれに応えてくださる。私はそう信じます。

いつの時代も、歴史を創るのは権力者ではなく、民衆の熱情と志なのです。

すべての地域、すべての世代、すべての人々が幸せを実感できる日本を作るため、そして国際平和に貢献し、世界が憧れる日本を築くため、すべてをささげる決意です。

「政治への信頼を取り戻す」そのためには、「初心忘るるべからず」苦しかった野党当時に何とか国民の信頼を取り戻そうとして党を挙げて作り上げた党再生の原点、党の平成22年(2010年)綱領に立ち返る必要があります。曰く、

「勇気を持って自由闊達に真実を語り、協議し、決断する」

「多様な組織と対話・調整し、国会を公正に運営し、政府を謙虚に機能させる」

「政府は全ての人に公正な政策や条件づくりに努める」

自民党は、この原点と初心を忘れてはなりません。

国民の政治・行政への信頼が大きく揺らぐ今、

私は、取り戻します。

このため、

として具体的な期限を設け、迅速に党風刷新、官邸の信頼回復、国会運営の改善、行政改革を断行します。

昭和32年2月4日生まれ(61歳)みずがめ座。血液型B型。鳥取県八頭(やず)郡八頭町郡家(こおげ)出身。

鳥取大学附属小・中学校、慶應義塾高等学校を経て、昭和54年3月、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。

慶大2年在学中に、全日本学生法律討論会で第一位。

昭和54年4月、三井銀行(三井住友銀行)入行。

東京都中央区にある本町支店に配属、日本橋の問屋街を自転車で廻り、中小企業の経営を肌で学ぶ。

昭和61年7月、旧鳥取県全県区より全国最年少議員として衆議院議員初当選、以来 11 期連続当選。

内閣では、農林水産政務次官(宮澤内閣)、農林水産総括政務次官・防衛庁副長官(森内閣)、防衛庁長官(小泉内閣)を経て、

  • 平成19年に、福田内閣で防衛大臣
  • 平成20年9月~ 農林水産大臣(~平成21年9月)
  • 平成21年9月~ 自由民主党政務調査会長(~平成23年9月)
  • 平成24年9月~ 自由民主党 幹事長(~平成26年9月)
  • 平成26年9月~ 国務大臣 地方創生・国家戦略特別区域担当(~平成28年8月)

趣味は、料理(カレーには自信あり)、読書(特に漱石、鴎外、井上靖、五木寛之、福井晴敏)、遠泳。好きな食べ物はカレー(大学時代は4年間カレーを食べつづけた)とコロッケ。

音楽は、クラシックから演歌までなんでも好きだが、特に70年代のアイドルもの。その中でも特にキャンディーズと南沙織、ユーミンや伊勢正三などのニューミュージック系を好む。

マンガは、古くは「おそ松くん」「サブマリン707」90年代以降は「加治隆介の議」「沈黙の艦隊」「サンクチュアリ」が大好き。

お酒は、なんでも飲むが、特に日本酒(辛口)とワイン(辛口)最近は健康のため蒸留酒に。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 石破茂総裁選特設サイト All Rights Reserved.